スポンサーリンク

中華そば つし馬のバリ煮干しそば 台東区

“バリ煮干し”に偽りなしの、まさに煮干しが強烈に香る青森煮干中華そばだ。
基本となる「中華そば」の3倍量の煮干しを使用した煮干しダシに、豚骨スープをブレンドしたもの。その灰色のスープには一瞬ギョッとするが、“魚臭い”とまで感じられるほどの煮干しの香ばしい臭いの強さにはさらに驚かされる。
荒々しいまでの煮干しスープは、臭み・エグミまで抽出されており、それも“旨味だ”と言わんばかりの煮干しを視覚・嗅覚・味覚から堪能することができる。強めのカエシで尖りのあるショッパめの味付けも、クセになる味わいで食が進む。
麺は中太のストレートで、明らかに茹で過ぎた感があり、かなり軟らかい。浅草という土地柄、年齢層の高い客層を意識しているのだろうか…歯が必要ないくらい“フニ”というか“ブニョ”とした食感。う〜ん、これはいただけないなぁ。
具はチャーシュー・メンマ・ネギと至ってシンプル。
チャーシューはホロっとした脂身と程よく食感が残る肉身とのバランスがよく、味も染みていて美味しい。
色の濃いメンマは見た目の通りかなり塩辛く、コリコリとした食感。
エグミのあるスープにはネギの風味が良く合っている。
ちなみに、こちらのメニューは限定30食なので、狙われる際には時間に注意が必要。

スポンサーリンク

中華そば つし馬(ちゅうかそば つしま)の店舗情報

中華そば つし馬は浅草駅 徒歩3分にあるバリ煮干しそばなどが人気のお店。

2003年7月OPEN。
足立区の豚骨ラーメンの人気店「田中商店」のご主人がプロデュースしたお店で、青森煮干中華そばを提供しています。
店内も昔ながらの食堂といった雰囲気で、浅草という土地に溶け込んでいます。下町ながらの温かみのある接客もなかなか♪
メニューは、澄んだスープに煮干が香る「中華そば」、灰色に濁った強烈な煮干しスープの「バリ煮干しそば」、その他ご飯もののサイドメニューがあります。

お店の所在地

東京都台東区浅草1-1-8中華そば つし馬のアクセスと駐車場

中華そば つし馬は浅草駅 徒歩3分の周辺にあります。
駐車場は近くにコインパーキングがありました。

(ここの情報はお店が発信している公式なものではありません。また、情報は過去のものも含まれ、現在は異なっている場合もあります。)

スポンサーリンク
おすすめのラーメン