スポンサーリンク

頑者のつけめん 川越市

歴史を感じる川越の町並みの中で突如現れる行列、それが頑者の目印だ。
入店はロット制になるので、一気に12席分捌けるのも特徴がある。
「つけめん」のつけ汁はゲンコツ、鶏の胴ガラ、もみじ、豚足などの動物系と昆布、煮干し、カツオ・サバ節などの魚介系出汁のWスープだ。
その濃密な味わいは食べ手の脳をダイレクトに揺さぶり、食欲を刺激する。
合わせる自家製の麺は旨味、食感ともに良く、口内で躍動する魅惑の麺だ。
魚粉という今では当たり前になっているアイテムを先だって使用したのは、この自慢の麺との絡みを考慮したからだそうだ。

スポンサーリンク

頑者(がんじゃ)の店舗情報

頑者は本川越駅 徒歩1分にあるつけめんなどが人気のお店。

「麺の美味しさを伝えたい」という想いから始まったお店も今やグループは東京・新横浜ラーメン博物館を合わせて6店舗となる。
今や埼玉、いや日本を代表する有名店の一つだが、グループとしてその進化の手を止めることはない。
その中で 【頑者】は「常に変わらない美味しさ」を伝えるお店として機能。
今日も変わらない美味しさを求めた人で小江戸・川越に 行列が出来る。

お店の所在地

埼玉県川越市新富町1-1-8頑者のアクセスと駐車場

頑者は本川越駅 徒歩1分の周辺にあります。
駐車場は近くにコインパーキングがありました。

(ここの情報はお店が発信している公式なものではありません。また、情報は過去のものも含まれ、現在は異なっている場合もあります。)

スポンサーリンク
おすすめのラーメン