スポンサーリンク

ones onesの肉野菜つけ麺(中) 新宿区

板橋にあった【自家製麺 CONCEPT】が移転・改名した店で、引出しの多い店主が創意工夫をこらしたラーメンを堪能することができる。
麺は自家製の中太〜太くらいで、主流のつけ麺ではやや細めか。しかしながら、オーションを使用しておりその太さ以上に強い存在感を発揮する。芯を残したガッシリと硬めな茹で加減で、噛む際にかなりの抵抗力がある。また、小麦の風味・甘味も強く秀逸な麺だ。しかも、この麺が並(200g)・中(300g)・大(400g)が同料金のため、たっぷりと食べられるのも嬉しい。
つけ汁は豚骨を炊き出しよく乳化したクリーミーな濃厚豚骨スープに、魚介の旨味が加わった豚骨魚介スープ。マイルドな味わいの中に細かい鷹の爪やスパイスがピリッと効き、アクセントを与えている。甘味・辛味が絶妙なバランスで同居し、最後まで飽きさせない。ドロドロに絡み付くような高粘度なものではなく、麺の持ち上げが適度なため麺の美味さが活きるつけ汁となっている。
…これはかなり美味い。心なしか板橋の時よりも出汁が濃厚になっているものの、粘度や味のバランスが良くなっていて、更に美味しさを増している印象。
デフォのつけ麺では具という具はほとんど入らないため、具沢山の「肉野菜つけ麺」がオススメ。
具はつけ汁の容器に、存在感抜群の炙り焼きチャーシュー・たっぷりの温野菜、その他、細切れの豚やネギなどが入っている。
数cmはあるかという分厚いチャーシューは、盛り付ける直前に七輪で炙り焼きにして提供される。そのふくよかで柔らかい肉にかぶりつくと、中から肉汁がジュワ〜っと溢れ出す。ほとんど味付けされておらず、つけ汁に浸して食べると格別に美味しい。
温野菜は茹で置きせず注文を受けてから茹でるため、シャキシャキとしっかり食感が残り、さらに調味ダレを掛けているため、たっぷりの野菜も飽きずに美味しく食べられる。野菜の甘さとタレの塩気でどんどん食べさせてくれる。
最後に鰹出汁のスープ割りで、魚介系の香りが良い和風のスープを楽しめる。
「美味しいもの」を作ろうと随所にご主人のこだわりが感じられ、麺やスープと真摯に向き合っている姿勢が伝わってくる。
本当に美味しかった!かなりオススメ☆

スポンサーリンク

ones ones(わんず わんず)の店舗情報

ones onesは西早稲田駅、東新宿駅、新大久保駅にある肉野菜つけ麺(中)などが人気のお店。

2009年9月OPEN。
板橋にあった【自家製麺 CONCEPT】が移転・改名したお店です。店名の由来はご主人の名前からとっていると思われます。
元俳優で、ルックスの良さと凄い目力です(>▽<)きゃー♪首を振るのがクセなようで、調理の際にリズミカルに動いています。そして湯切りがめっちゃカッコイイ!!テボを細かく振り、中の麺が縦横無尽に動くのでしっかりと水分が切れています♪それでいて変に気取ったところがなく、お客の入・退店時にははっきりと声を出して挨拶したり、特に退店時には忙しく手を動かしながらもお客に顔を向けて見送ってくれます(0^ー^0)
メニューは、濃厚な豚骨魚介の「つけ麺」を中心に、魚介系が効いた和風の「鰹出汁そば」、その他、創作的なメニューがありますが、その日によって提供されるメニューが異なるので、訪問前にはご主人のブログを参照してください。

お店の所在地

東京都新宿区大久保2-2-16 ISビル1階ones onesのアクセスと駐車場

ones onesは西早稲田駅、東新宿駅、新大久保駅の周辺にあります。
駐車場は近くにコインパーキングがありました。

(ここの情報はお店が発信している公式なものではありません。また、情報は過去のものも含まれ、現在は異なっている場合もあります。)

スポンサーリンク
おすすめのラーメン