スポンサーリンク

カラツケ グレのハングレ 足立区

焼き肉ダイニング・醍醐が経営する『つけ麺 醍醐』が場所を変えてリニューアルOPEN。牛骨白湯をベースとした辛つけ麺専門店であり、ひと味違った味わいを楽しむことができる。
石焼の様な器で提供されるグツグツと煮えたぎるつけダレは、超濃厚な激辛キムチチゲを思わせる味わい。牛骨白湯をベースにした激辛スープは、瞬時に広がる強い辛味に圧倒されそうになるが、グッと浮かび上がるミルキーな牛の強いコクは一切褪せることなく主張する確たる軸芯の強さを見せつける。辛さをマイルドに伝える牛のまろやかな甘味、ほのかに後に残るキムチの酸味、これらの味わいが混然一体となった旨味のバランスが秀逸で美味い。器の性質もあり、終始その熱を失わず高いクオリティを維持するのも大きな魅力だ。
麺は浅草開化楼製の縮れのある極太麺を使用。小麦感が凝縮されたギュッとした噛み応えに、適度な反発力があって美味い。ツルっとした麺肌だが、ドロリとしたスープとの絡みも抜群で文句ない相性の高さだ。
トッピングは、口の中でほぐれる豚バラ、キムチ、ネギなど、まさにシンプルなキムチチゲといった具合。
牛のプロが手掛けるつけ麺専門店であり、その強みを遺憾なく発揮している牛の旨味溢れる辛つけ麺となっている。辛党やコリアン料理好きには特にオススメの一杯だ。

スポンサーリンク

カラツケ グレ(からつけ ぐれ)の店舗情報

カラツケ グレは東武伊勢崎線「五反野駅」から徒歩2分にあるハングレなどが人気のお店。

2010年11月OPEN。
閉店した『つけ麺 醍醐』を立ちあげた店主により、再度辛つけ麺専門店としてOPENを果たしたお店です。
メニューは、辛つけ麺の「カラツケ」、野菜の入った中辛の「タンカラツケ」、豚肉入りの大辛の「ブタカラツケ」、豚キムチ入りの激辛の「ハングレ」です。
基本的に辛いメニューしか取り扱っていないので、辛いのが苦手な方は用心してください(笑)

お店の所在地

東京都足立区足立4-37-9カラツケ グレのアクセスと駐車場

カラツケ グレは東武伊勢崎線「五反野駅」から徒歩2分の周辺にあります。
駐車場はありませんでした。

(ここの情報はお店が発信している公式なものではありません。また、情報は過去のものも含まれ、現在は異なっている場合もあります。)

スポンサーリンク
おすすめのラーメン