スポンサーリンク

麺屋 和利道 -warito-のつけめん 目黒区

つけめんの人気店『つけめん TETSU』の暖簾を譲り受けた、濃厚豚骨魚介の王道をいく味の中でも、完成度の高いつけめんを提供している。
基本的にはTETSUに良く似た味わいであるものの、若干肉類の比率を高めているためか、とろんと濃厚でクリーミーな動物系が味の中核を担っており、魚介ダシが柔らかな口当たりと深みを演出している。
動物濃度の高いスープを魚粉によってさらに密度を高め、魚介の風味やインパクトを舌に直に投げかける。しかし、魚粉が引っ張り過ぎず、流行り味をあざとさのない味に仕上げているあたり流石だ。
動物油脂の甘さが強く飽きやすい系統の味だが、ちょっぴりかけられた七味唐辛子の適度なスパイス感で味を締めているのも好印象。
行列を生むのは、やはりこの麺があるからであろう。
TETSU譲りの太ストレート麺は、ソフトな麺肌で歯の入り方は実に心地よい柔らかさだが、モッチリと弾むような弾力が最大の特徴ではないだろうか。しっかりと水で洗い・締められ、ヌル付きや臭みが一切ないため、小麦の香りや麺の舌触り・食感をダイレクトに感じることができる。一つ一つの工程に手を抜かず、丁寧に作っていることがビシバシ伝わってくる逸品だ。
チャシューも細切れでなく、大きいのが2枚どっかり入り、これがまた柔らかくて美味い。
食べ終わる頃合いを見て、焼石の有無を聞いてくれ、タイミング良くサーブしてくれるなど、客目線のサービスも実に嬉しい。

スポンサーリンク

麺屋 和利道 -warito-(めんや わりと)の店舗情報

麺屋 和利道 -warito-は東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩5分ほどにあるつけめんなどが人気のお店。

2009年9月OPEN。
千駄木の行列店TETSUの初の暖簾わけのお店で、大宮の102の店主も勤めあげた方が独立されたそうです。
何度食った味だろうかっていうジャンルのつけ麺ではありますが、きちんと磨き上げれば飽きを感じさせない美味しいものになるということを証明してくれているお店です♪
それに、行列に対する配慮によるお詫びの一言、無駄のないテキパキとした仕事、かといって完全にマニュアル化されていないヒト対ヒトのやりとり。
ここには一度の食事を楽しく・美味しく食べさせてくれる魅力があります☆ オススメ!

お店の所在地

東京都目黒区青葉台3-7-10麺屋 和利道 -warito-のアクセスと駐車場

麺屋 和利道 -warito-は東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩5分ほどの周辺にあります。
駐車場は近くにコインパーキングがありました。

(ここの情報はお店が発信している公式なものではありません。また、情報は過去のものも含まれ、現在は異なっている場合もあります。)

スポンサーリンク
おすすめのラーメン